チーク材をふんだんに使った家(福岡市城南区 K様邸)

【タグ】 jireiphotos  【投稿日】2016年12月21日

Cover Image

   

延床面積

134.1㎡(40.6坪)

こだわり

チーク材をふんだんに使った家

 

Image description

 ドアを開けると、存在感のある無垢のチーク材の床が目に飛び込んできます。

 

Image description

1階全体が大きくつながったパブリックスペースになっています。

 

Image description

リビングと和室の床面の差を利用した収納、壁面のつくりつけのテレビボードは木目と素材にこだわりが。

 

Image description

 リビングから続く和室は縁のない琉球畳を使った、スタイリッシュな和空間に。

 

Image description

 キッチンはキッチンという部屋ではなく、ひとつの「家具」として置かれています。

 

Image description

 ダイナミックな木目が存在感と美しさを醸し出しています。

 

Image description

風合いを誇るチークの無垢材をはった天井。

 

Image description

 床、梁、扉・・・ダイナミックな木目と漆喰の壁が存在感と美しさを醸し出しています。

 

Image description

キッチン正面からの階段を上ったところにある、ライブラリーコーナー。

 

Image description

 入り口が2つ、クローゼットも2つ。将来的に壁で部屋を仕切り2部屋にすることもできます。

 

Image description

クローゼットの床もこだわりのチーク材で統一。

 

Image description

二階の和室。エアコンは室外機の設置が一台で済むダイキンの新製品。