家づくりについて認定低炭素住宅

認定低炭素住宅は、省エネ性能に特化した住宅です。認定を受けるためには、 H25年の改正省エネ基準の断熱性能をクリアし、暖冷房、給湯、照明などの住宅設備機器の消費エネルギーを10%以上削減しなければなりません。2020年ま でにすべての新築住宅を新しい省エネ基準に適合させるという国の方針に沿った 一歩進んだ住宅です。長期優良住宅と同様に、認定低炭素住宅は国がお墨付きを与えた住宅です。税制優遇など、お得な補助制度があるので賢く利用しましょう。

低炭素住宅の認定条件

断熱性能が省エネ基準を満たすこと
  • 窓、天井、壁、床などの断熱性能が国の省エネ基準と同レベルの断熱性能を 確保すること。
  • 断熱等性能等級4と同等以上の性能が必要。
改正省エネ基準よりさらに
1割以上、省エネに
  • 暖冷房・換気・照明・給湯などの-次エネルギー*消費量が現行の省エネ基 準に比べ、10%以上削減されていること。
  • 一次エネルギー消費量等級5と同等以上の性能が必要。

*石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料や原子力の燃料であるウランなどのエネルギー

CO2削減に貢献する設備などを
2つ以上採用すること
  • 節水につながる機器の設置や雨水等の利用、ヒートアイランド対策、住宅の劣化対策 など8項目のうち2つ以上を採用すること。

認定低炭素住宅の
イメージ

認定住宅の優遇措置

  所得税の控徐 登録免許税の減税 フラット35優遇
ローン 自己資金 保存
(本税%)
移転
(本税%)
認定低炭素住宅 最大
500万円
最大
65万円
0.1% 0.2% 0.6%引き下げ
0.1%
一般住宅 最大
400万円
0.15% 0.3% 通常金利