無垢フローリングのキズ・汚れの補修方法

【タグ】 column  【投稿日】2019年9月23日

新築に引っ越してきたばかりのフローリングに

おもちゃを落としてキズをつけてしまった、、

ジュースや醤油をこぼしてシミになっちゃった、、

 

 

または

これからマイホームを建てようというお考えで

無垢のフローリングは手入れが大変そう、、

 

とお悩み方々必見!!!

 

 

本日は、無垢のフローリングの補修方法を

ご紹介いたします✨

 

 

弊社事務所の2階には

お施主様に実際に見て触れていただけるように

様々な種類のフローリングを貼っております。

 

 

端っこのほうに

シールをはがした跡が残っていたので

ここの部分を使って

キレイにしていきたいと思います!!

 

Image description

シールの跡は

こべりついてなかなかとることが

出来ません。

 

 

 

 

そこで💡

Image description

 

紙やすりの登場!

キズや汚れが無くなるまで

削っていきます。

(※深いキズにはおすすめできません)

 

最初は粗めの紙やすりで削って

仕上げに細かめの紙やすりで

表面を滑らかにします。

 

 

 

Image description

 

キズや汚れがなくなるまで削ると

このように少し白くなります。

 色が変わっちゃった、どうしよう💦と

思ってしまうかもしれませんが

ご安心を!!!

 

 

最後の仕上げに、、

Image description

 

米ぬかからできたキヌカ

塗っていきます。

 

キヌカは無臭ですので塗った後でも

ワックスのようないやな臭いがしません。

 

また、自然塗料ですので

赤ちゃんがいるお宅でも安心して使っていただけます。

 

 

 

 

キヌカをウエスや着なくなった肌着、ガーゼなどに

少量染み込ませてすり込むように塗っていきます。

 

 

 

すると、、、

Image description

 

新品のようにこんなにきれいに✨

 

ワックスと違い

塗った直後からその上を歩いても

大丈夫ですよ☝

 

 

 

 

 

しかし

こういった方法で治すことが出来るのは

無垢のフローリングに限ります。

Image description

突板やシート貼りではなく

削っても削っても同じ素材の

無垢だからこそできる補修方法です。

 

 

補修ができる他に

無垢のフローリングだからこそ

・本物の木目の風合いが出る

・素足での肌触りが良い

・調湿効果がある

・熱伝導率が低いため底冷えしにくい

などといったメリットもございます。

 

 

 

 

 

弊社は

たくさんの種類の無垢フローリングを

取り揃えております。

 

もちろんキヌカの

取り扱いもございますよ♪

 

 

気になる方はこちらから

お気軽にお尋ねください🏠