時を経るごとに美しくなる

【タグ】 column  【投稿日】2016年5月10日

当社がムクのフローリングにこだわるのは材木屋だからだけではありません。

ムクは時を経るごとに美しくなるからです。 住宅が経年でどのように変化していくのか。 そこには、住宅に使われる素材が大きく関係しています。

すべてのものは、時を経ることで変化します。 変化の仕方は、劣化するものもあれば、価値を高めるものもあります。

時を経るごとに美しくなるのは、天然素材。 天然素材は時間経過によって、表情を変えていきます。 その経年美を楽しみながら、暮らしてほしいと思うからです。

人工素材が経年により美しくならずに劣化すると言われるのは何故でしょう。 それは「似せて」作られるからです。 貼りものと言われるフロアーは時間とともに、言葉は悪いですが、「化けの皮」がはがれ、本来の素材へ戻っていきます。

一方、天然素材はどこまでもその素材そのもの。 むしろ時間とともに、内面にある味わいが表面にあらわれてきます。

住宅は一生に一度の大きなお買い物。本物を楽しんで暮らしたいですね。